日本語学校と変わらない東京のボランティア教室 - 日本語学校と変わらない東京のボランティア教室

日本語学校と変わらない東京のボランティア教室

現在東京の日本語学校などでも盛んに日本語教師が採用されていますが、日本語教師として専門の教育を受けた人の中にももっと幅を広げたいと、東京のボランティア団体で教える人も増えてきています。ボランティアの日本語教室は、技術だけではなく日本語教師としての人間性の幅を広げる格好の場でもあります。


もちろんボランティアではあっても一つの立派なクラスです。

団体独自の教え方があったり、生徒層に合わせて工夫を凝らさなければならなかったりと実践の苦労は、一般の東京の日本語学校とは変わりはありません。

生徒にとっては気軽に参加できるため休むのも自由。

だからこそ興味を引き付けておくアイディアが、一層必要になるかもしれません。
大学で身につけた知識だけで通用する場ではないことも確かですが、その経験は自分にとって必ずプラスになります。
東京の日本語学校のボランティア団体と連絡を取りたいときは、東京の自治体にある国際交流関係の部署に尋ねてみてください。

場所の提供や広報活動、資金援助などを通じてボランティア団体に対する活動支援を行っている自治体も多くなってきています。

採用には、日本語教師としての実力もさることながらボランティア活動に対する熱意や理解度も重視されます。

日本語学校の東京の情報を知りたい方必見です。

またその団体ごとに教育方針や教え方には、かなり違いがあります。



ボランティアとはいっても一つの組織における共同活動に変わりはありません。



まずその団体の方針や目的を理解し納得して、同じレールの上で実地体験を積むことができると思われる場合だけ、その団体の活動に参加してみてください。